WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

今すぐ資料をダウンロード・診断していただけます

【新卒・中途】それぞれの採用基準を設定する!押さえたい項目9選

「採用活動を振り返ってみると、何となく雰囲気で採用をしてしまっていて、フィーリングに頼った採用活動になってしまっている」
「新卒と中途採用では求めるものが違うのに、評価基準などが曖昧で、このままでいいのか迷っている」
面接時のフィーリングや話の盛り上がり方などで、何となく採用を決定してしまっていると、この採用方法で本当にいいのかと不安になってしまいますよね。
今回は、採用基準の項目の例を挙げながら、新卒・中途採用それぞれの評価基準や注意点について解説します。
採用基準を作ろうと考えていても、なかなか作れないと悩んでいる人事の方は、ぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

採用基準とは

採用基準とは、自社にマッチした人材を採用する上で大切な、面接における評価基準のことを指します。
採用基準を設定することで、公平な採用を行うことが出来るほかに、面接官が持っている主観を排除することができ、採否の決定がスムーズになるというメリットがあります。
また、採用基準が統一されることによってミスマッチ離職などを減らす効果に期待を持つことができます。

採用基準に問題があると起こる現象

「採用基準に問題があると、どんなことが起こってしまうの」と気になっていませんか。
採用基準に問題があると、以下のような現象が起こります。
(1)早期離職が起こる
(2)人事と現場との温度差が大きく、人事の面接を通過しても現場の管理職の面接で落ちる
(3)役員面接の合格率が極端に下がる

それぞれについて解説します。

(1)早期離職が起こる

採用基準に問題があると、早期離職が起こる確率が高くなります。
採用基準が曖昧なまま採用しているため、実際に入社して会社に馴染めるのかどうか、力を発揮できるのかどうかが曖昧です。
社風に合わないなどの理由で早期退職する社員が出てくる可能性もあります。

(2)人事と現場との温度差が大きく、人事の面接を通過しても現場の管理職の面接で落ちる

現場と人事の温度差が大きいと、人事が良かれと思って面接に合格させたとしても、現場の課長などが面接をするとイメージと全く異なっていると判断されて落とされる可能性が高くなります。
出来る限り人事と現場で調整し、採用の指針を決めていくべきであるといえます。

(3)役員面接の合格率が極端に下がる

採用基準を経営者(役員)と人事の間でしっかりと共有しておかなければ、役員面接での合格率が極端に下がり、採用効率が落ちます。
特に、役員面接は最終面接に設定されていることも多く、最終面接の通過率が極端に低いと応募者をまた集めなおすことになり、非常に苦戦を強いられます。
一次面接を何となくフィーリングで通過させていると、余計な時間がかかり、結果的には会社の重役の貴重な時間を奪うことにもなりかねません。
必ず役員と事前に採用基準の打ち合わせを行うようにしましょう。

新卒採用の選考において重視すべき採用基準5選

「新卒採用においてはどのような方法で採用基準を設定すれば良いのだろうか」と悩んでいませんか。
2018年度の経団連の調査によれば、新卒採用で重視した点として、以下の5点が挙がっています。
(1)コミュニケーション能力
(2)主体性
(3)チャレンジ精神
(4)協調性
(5)誠実性

参考:一般社団法人 日本経済団体連合会 2018 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果
https://www.keidanren.or.jp/policy/2018/110.pdf
アンケートによれば各企業は16年連続で、コミュニケーション能力を1位としています。
上記の各企業が最も重視している点を基軸として、採用基準を作ってみましょう。

(1)コミュニケーション能力

口ばかりが達者な学生がコミュニケーション能力が優れているとは限らないため、総合的なコミュニケーション能力を見るようにしましょう。ここでいうコミュニケーション能力とは、会話のキャッチボールが成立するかどうかということです。
聞かれてもいない話を延々として質問の意図を理解していない方は人当たりが良くても、仕事が回せない可能性があります。
逆に大人しそうに見えても質問に対して的確に答えられる人はコミュニケーション能力が高いといえます。

(2)主体性

様々な仕事に対して自ら積極的になれるかどうかが主体性です。
主体性のある人材は、仕事を進めていく上で自分自身で課題を発見し、様々な仕事を推進することができます。

(3)チャレンジ精神

チャレンジ精神とは、困難な仕事に対しても熱意を持って取り組むことができることや、未経験の仕事に対しても積極的に取り組むことが出来るメンタリティのことを指します。
難しいプロジェクトや、他部署を巻き込んで行われる難しい横展開の仕事などを面倒くさがらずに積極的に出来るかどうかなど、非常に重要な評価指標であるといえます。

(4)協調性

サラリーマンとして仕事をしていく以上、協調性は必要不可欠であるといえます。
会社は組織として機能しているため、協調性を持って仕事がうまく行くように社員全員が一丸となって仕事に取り組む必要性があります。全体のために仕事を進められる協調性のある人材が良いといえます。

(5)誠実性

企業のコンプライアンス管理が厳しくなっており、正社員として企業に勤務する以上、誠実に仕事に取り組む必要性があります。
これからの企業経営では、法令順守や就業規則の順守、社内の慣習を受け入れつつ、誠実に仕事をできる人材が求められているといえます。

中途採用の選考において重視すべき採用基準4選

新卒採用とは異なり、中途採用者には、以下の採用基準を設けることが良いといえます。
(1)これまでの仕事の実績(経験)とスキル
(2)仕事への熱意があるかどうか
(3)社風と合うかどうか
(4)協調性はあるかどうか

それぞれについて解説します。

(1)これまでの仕事の実績(経験)とスキル

中途採用者を採用するにあたっては、特にこれまでの仕事の実績(経験)とスキルがあるかどうかを確認するようにしましょう。
中途採用者を採用する以上は、即戦力を採用する必要性があります。
前職での経験がそのまま活かせるようであれば、非常に心強い戦力となります。

(2)仕事への熱意があるかどうか

いくら仕事の実績や経験、スキルがあっても、熱意がなくては良い仕事はできません。
応募者の熱意を測るために、出来れば、志望動機を入念にチェックするようにしましょう。
志望動機が具体的かつ、前向きなものであれば、仕事への熱意を確認できる可能性があります。

(3)社風と合うかどうか

会社の社風と応募者が合うかどうかはしっかりとチェックするようにしましょう。
新卒と中途採用者で異なるのはすでに他社の社風に染まってしまっている可能性があるということです。
注意すべきは、大企業からベンチャー企業へ転職希望してくる応募者です。
トップダウンの厳しい大手企業からベンチャーへ転職すると、仕事の自由度などからどう仕事をして良いか分からないという社員も出てきます。必ず社風と合うかどうかを質問で見抜くようにしましょう。

(4)協調性はあるかどうか

特に転職回数が多い転職希望者の場合には、協調性があるかどうかはチェックするようにしましょう。
何度も転職出来ているということはスキルはあっても他の社員とうまく仕事が出来ないなど、何らかの原因があるはずです。
面接の質問で、退職理由などを深堀して、しっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

採用基準とは自社とマッチする人材を採用する上で大切な、面接時の評価指標です。
採用基準に問題があると、早期離職が起こったり、人事の面接を通過しても現場の管理職の面接で応募者が落ちてしまう現象や、役員面接の合格率が極端に下がって、採用効率が悪くなるというデメリットがあります。
新卒採用の評価基準として5つの評価基準があります。
経団連のアンケートでも重視されているコミュニケーション能力・主体性・チャレンジ精神・協調性・誠実性です。
社会人としては当たり前の基礎力ですが、新卒採用時の採用基準とすることで、優秀な学生を確保できる可能性が高くなります。
中途採用者にとって大切な評価基準としては、これまでの仕事の実績(経験)とスキルがあるかどうか、仕事への熱意があるかどうか、社風と合うかどうか、協調性はあるかどうかを採用基準とすることが望ましいといえます。
経験や実績などの能力は申し分なくとも、社風と合わないと力を発揮できません。
仕事への熱意が欠けていても同様です。
協調性に関しても、協調性がなければ入社しても早期離職につながる可能性もあります。
自社にマッチした採用基準を作り、採用をレベルアップさせましょう。

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。