Column

お役立ちコラム

HCMとは?HRMとの違いやおすすめツール厳選4種

人材不足が叫ばれる時代ですが、HCMという考え方を活用することによって効率的な人材配置・人材育成が可能になります。この記事ではHCMの意味やおすすめのツール4選をご紹介します。

HCMとは

HCM(Human Capital Management)とは日本語では「人的資本管理」と呼ばれます。人材が持つ能力やスキル、経験を資本として捉え、組織の利益最大化に活用していく考え方です。

HCMとHRMの違い

HCMと類似する考え方にHRM(Human Resource Management・人材資源管理)があります。HRMは人材そのものを経営資源として捉え、有限のリソースとして扱うのが特徴です。

一方でHCMは人材そのものではなく、能力やスキル、経験に焦点を当て、その資本を最大化することで組織の利益を拡大する点が特徴です。

HCMの延長にある「タレントマネジメント」

HCMにおける能力やスキルだけでなく、従業員が持つタレント(才能や素質)を人事情報として一元管理することをタレントマネジメントといいます。一元管理したデータを組織横断的に活用し、戦略的な人材育成や人材配置に役立てることができます。

タレントマネジメントツールを導入するメリット

適切な人材配置が可能に

個人の能力・スキルを体系的に評価し、一元管理することで適切なポジションへの人材配置が可能。これまで管理されていなかったデータを横断的に活用し、配置転換もスムーズに行うことができます。

人材育成が計画的に行える

従業員全体の能力・スキルが明確になることで、部署単位や会社単位で育成していきたい能力が明確になります。ツール内で評価を蓄積していくことで、効果的な育成ができているか振り返りを行うこともできます。

従業員のモチベーション向上

自身の能力・スキルがデータとして現れることで、現状のキャリアを客観的に見つめることができます。また、ツール内で目標管理を行い、スキルアップを行っていくことでモチベーション向上にも繋がります。

おすすめのタレントマネジメントツール4選

1.カオナビ

従業員の顔写真が並ぶ直感的な操作画面が特徴。人件費やスキル値をもとに配置シミュレーションを行う機能や、従業員のモチベーション分析などの機能を搭載。

【費用】

データベースプラン(利用人数0〜100人):月額 69,800円(税抜)〜(別途初期費用あり) 

パフォーマンスプラン:要問い合わせ

ストラテジープラン:要問い合わせ

参考:https://www.kaonavi.jp/

2.HRBrain

360°評価や1on1ミーティングをクラウドで運用することで、評価プロセスを明確にできる点が特徴。管理職やリーダー育成をサポートする機能が豊富。

【費用】

月額69,800円〜(要問い合わせ)

参考:https://www.hrbrain.jp/

3.HRMOS

分析レポートは豊富なテンプレートが揃っており、経営指標に関する情報を簡単にビジュアライズできる点が特徴。採用管理クラウドツール「HRMOS採用」との連携もでき、採用から入社後までのタレントマネジメントを一元化することが可能。

【費用】

要問い合わせ

参考:https://hrmos.co/hr/

4.タレントパレット

マーケティング思考を取り入れ、「科学的」人事を実現するタレントマネジメントシステム。社員間で感謝のポイントを付与できる「サンクスポイント」機能や、社員への調査から課題を洗い出し改善提案を行う「TPOD(組織診断)」機能、eラーニング・研修管理といった多彩な機能が特徴。

参考:https://www.talent-palette.com/

【費用】

要問い合わせ

まとめ

本記事では、人材が持つ能力やスキルを資本として捉えるHCM(Human Capital Management)の考え方や、タレントマネジメントツールのおすすめ4選をご紹介しました。人材管理を強化したい方はぜひ参考にしてみてください。

なぜ重要?人材育成における目標設定の意味とは

事例集をまとめ読み!

採用のヒントが詰まった
「成功導入事例集」!

導入事例集ダウンロード

その他のコラム

コラム一覧に戻る
資料請求

お問い合わせ電話番号

03-3286-8550