WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

中途採用面接に臨む面接官の心得とは?聞くべき質問や、ポイントを解説

「中途採用の面接をしているけれど、どういう態度で接したらいいのだろうか」
「中途採用者への質問が難しい。自分のいる会社よりも大企業だし、こんな質問をしたらレベルが低いと思われそうでなかなか質問できない」
中途採用者は他の企業文化で育ってきた人材を採用することになるため、質問そのものが非常に難しいといえます。
自分と同じ業界の中途採用者候補の方であれば、突っ込んだ質問をすることができますが、まったくの異業種の場合、そもそも何を質問していいか迷うことになります。
この文章を読めば、中途採用面接に臨む面接官の心得を理解することができ、中途採用面接で聞くべきことを理解できます。
中途採用者の面接の質問、態度などで悩んでいる方は、是非読んでくださいね。

中途採用の面接で絶対にしないほうが良いこと

中途採用者の面接を行う際、転職経験のない人事の方が面接をするケースでよくあるのが、辞める人を批判するような態度で面接をすることです。
交流のある人事部の方がいい人材の採用をしたいと言葉ではいいつつも、中途採用者の方に対して偏見を持ってしまっているというケースがあります。
ひどいパターンだと人事部長クラスが面接前の会社説明会の場で「辞めるのは根性がない人」というような趣旨の発言をしてしまうというケースです。
「うちはそこまでひどくないよ」と思ったかも知れませんが、何気ない言葉の端々に新卒が絶対に偉いという態度が出てしまう方がいます。
心で思っていることは態度や言葉になりますので、気を付けたほうがよいといえます。
なぜ中途採用をするのかということから見直すことが大切です。
他の会社で育った戦力が欲しいから中途採用者の面接を行っているのであり、辞める人を批判する場ではありません。

普段から様々な業種に興味を持ち、知識を蓄えておく

中途採用者を迎え入れるにあたって、他の業界の動向などを日経新聞などで毎日チェックすることが大切です。
日経新聞で競合他社の情報などをチェックするだけではなく、好調な業界と不調な業界をしっかりとチェックしておきましょう。
業績不振から吸収合併や倒産などを起こした企業があったらよくチェックしておきましょう。
そうした業界から転職希望者が応募に来ることも非常に多いためです。
面接時にも情報が頭に入っていれば「応募者の方のいる業界はいま大変らしい。それで転職しようと考えたのかな」など、相手に対する理解を深めることができます。

自分のいる業界の立ち位置を常に確認しておく

中途採用に臨む面接官の心得として、面接官自身がいま在籍している会社の立ち位置を理解しておく必要があります。
自分自身が在籍している企業の状況的に、応募者がどんな懸念点を抱いているかをしっかりと認識することで面接なども非常にスムーズになります。
仮に印刷会社や出版など、斜陽産業で現在はなんとか利益を出しているが、将来的には業績などが厳しい可能性がある業界にいる場合は特に、求職者の不安をなくすために様々なことを認識しておく必要があります。
具体的には、現在は印刷会社は厳しい状況であるが、新しい事業展開を考えているなど、何らかのビジョンを示すことが採用成功につながっていきます。
面接官自身が会社の現状を把握していないと、鋭い質問が来たときに回答できずに、求職者に不安を抱かせることになります。
特に間接部門である人事部門は営業職などの利益部門に比べて、企業の動向などが見えにくい中で仕事をしていることが多いので、営業職で社内で仲の良い社員に「今期の売り上げはどんな感じだろうか」と聞いてみるようにしましょう。
社内で経営会議などが開かれている場合、人事部門から代表者が参加して「うちの経営はいまどんな状況なのだろうか」ということを知ることも大切です。

中途採用者の面接で聞くべき質問とは?

中途採用者の面接で聞くべき質問として、以下の質問が有効です。
・転職理由と退職理由は何ですか
・自己紹介をしてください
・職務経歴を説明してください
・現職または前職で最も力を入れた仕事はなんですか
・自覚している長所と短所を教えてください

ポイントとしては、人柄と仕事へのスタンスを確認することが大切です。
それぞれについて解説します。

(1)転職理由と退職理由は何ですか

会社をなぜ辞めたいのか、あるいは辞めたのかを確認するようにしましょう。
退職理由と転職理由を確認して、転職でそれが解決できるような問題であれば良いのですが、転職しても解決できそうにない問題の場合、転職後も同じ理由で本人が悩んでまた退職してしまう可能性があります。
必ず求職者の方が、辞めたい理由をしっかりと深く聞くようにしましょう。

(2)自己紹介

自己紹介では人柄をチェックするようにしましょう。
特に応募してきてくれた求職者の方がどんな風に仕事をしてきたのか、どのような信念を持っているのかなどが自己紹介を通して知ることが出来れば非常に良いです。

(3)職務経歴を説明してください

職務経歴をしっかりとチェックするようにしましょう。
特に中途採用者は即戦力として採用することが大前提です。
これまでどのような仕事をしてきたのか、どれくらいの難易度の仕事を何名で担当してきたのかなどを質問することで具体的に転職後に出来ることを把握するようにしましょう。
また、人事が専門知識を持っていない場合には、他部署の専門職の社員を同席させるなどしてスキルチェックを必ず行うようにしましょう。
その場合は、人事は人柄や仕事上の大切にしていることを確認するようにして応募者の方の性格的に良い面を引き出すようにしましょう。
スキルチェックの質問は専門職の社員に質問してもらい、スキル面での不安点などを確認するようにしてください。

(4)現職または前職で最も力を入れた仕事はなんですか

現職か、前職で最も力を入れた仕事を聞くようにしてみて下さい。
仕事に対するスタンスや、なぜその仕事に力を入れたのかまでを聞けるとより深く仕事のスタンスを知ることができます。
力を入れた仕事なので、求職者も自信をもって話せることが多く、聞き手の面接官も採用するにあたって重要な情報が出てくることが多いです。

(5)自覚している長所と短所を教えてください

自覚している長所と短所を聞くことで、どれくらい自分自身の性格について把握しているかが分かります。
長所と短所は相反するものなので、その点を自覚できていれば仕事上でも冷静な判断力を持って仕事をしてくれる可能性が高くなります。
人柄を見抜くためにする質問としては非常にオーソドックスです。

まとめ

中途採用面接に挑む面接官は、求職者に対してレッテルをはるのではなく、純粋に能力だけを見て採用するように心がけましょう。
自分自身の在籍している会社の業績や動向だけにアンテナを張るだけではなく、積極的に同業他社や他の業界の情報を手に入れることで、より精度の高い面接をすることができます。
面接で聞く質問としては、求職者の方の人柄と仕事に対するスタンスを測れる質問をすることが大切です。
専門職の採用を行う場合、専門職の社員に同席をお願いして、スキルチェックをするようにすれば、スキル面での不安がなくなります。
中途採用者を面接するにあたっては、しっかりとポイントを押さえた面接をするようにしましょう。

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。