WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

新たな時代の採用戦略とは?時代をリードする人材獲得のヒント

人材採用に対し古典的な方法をとる企業も少なくはないと思います。しかし、時代を理解し変化に合わせた採用戦略を立てなければ、いくら有名な企業であっても将来性を失うことになりかねません。

一昔前は大量の人材を均一に採用しなければならなかったこともあり、表面的な部分しか見ずに捌いていた面があったかと思います。しかし現代は少子高齢化社会でもあり、新規に採用する人材の絶対数が少なくなってきています。これからは一人ひとりの特徴に合わせた適材適所という形で人材の活用を考えていかなければなりません。

そのような意味で、人材のクリエイティビティや独創性といった側面がより重視されるようになってきました。そうした側面が、より洗練されたサービスを開発したり、新規プロジェクトを推し進めたりしていく力強い原動力になります。

現在の人材採用では人材のクリエイティビティも重視されますがそれは現代の風潮に合っていなければなりません。独創性があったとしても現代の風潮に背く人材であれば市場が見向きもしないからです。

それでは、人材採用における現代の風潮とは何かということについて説明していきたいと思います。

人材採用における現代の風潮

現代は情報技術が発展し、人材採用に大きな変化が起こってきています。インターネットの普及によりYouTubeやSNSといった世の中に情報を発信するツールがそろってきている今、その影響を強く受ける若者を採用するには旧態依然とした採用方針だと苦戦を強いられるかもしれません。

というのも、インターネットの影響を強く受ける新卒の学生たちの人材としての価値と、インターネット社会をデジタルネイティブとしてどう生き抜いてきたかという側面は切っても切り離せない要素だからです。

また、市場もインターネットの影響を強く受けているでしょう。企業がネット上のサービスを充実させなければたちまち業績は低下するでしょうし、サービス充実のためにはデジタルネイティブの意見も重要になってくるでしょう。

デジタルネイティブの意見の中には、古い考えに囚われていれば考えもつかないようなものがあります。インターネットを独創的に使いこなすには、いわゆる「年の功」では限界があるでしょう。というのは、インターネットというのは最近生まれた新しい概念なので若者の方が理解は早いからです。

やはり、新しく社会を担っていく新卒の学生を育成し、自社の業績を向上させるためにも、「インターネット社会」という現代の動向に対してもきちんと目を向ける必要があるのです。こうした動向をしっかりキャッチして採用戦略に反映させることで、自社によりマッチした人材を採用することが可能です。

現代ではインターネット世界にクリエイティビティを発揮できる人材が求められています。人材にインターネットリテラシーがなければ会社がこれから先、繁栄することは難しいとも言えるかもしれません。

それでは、どのような方法で人材を採用すればよいのでしょうか。

若手の人材採用に欠かせないオンライン面接

オンライン面接は企業が「インターネット社会」を生き抜くために必要不可欠なツールだと言えるでしょう。オンライン面接は場所を選ばず、簡単にコストを削減することができます。

例えば、HARUTAKA(ハルタカ)のオンライン面接は人材の独創性や熱意を見るといった部分にも着目します。HARUTAKA(ハルタカ)のオンライン面接はいわゆるスカイプのようなリアルタイムでのライブ面接の前に、1本の動画を投稿する試験を課すことができます。

応募者はHARUTAKA(ハルタカ)を導入している企業へエントリーする際、比較的自由で簡単な動画を作成します。もちろん面白いものを作れば、それだけで評価が上がるだけでなく、デジタルネイティブとしてのスキルも十分にあると評価されるでしょう。その動画が素晴らしいものであれば、クリエイティビティが大きく評価され、ライブ面接や集団面接に入る前から優位に立てるかもしれません。

このように、HARUTAKA(ハルタカ)は人材のクリエイティビティといった要素をうまく測るツールでもあります。また、動画というのはその人の個性が色濃く出るので書類選考の段階では分からなかったようなことがとても明らかになります。そのため、ライブ面接や集団面接に入る前に自社にマッチングするような人材をはじめからスクリーニングすることができるようになり、求める人材と出会える可能性が自然と上昇します。

HARUTAKA(ハルタカ)とは?

HARUTAKA(ハルタカ)とは、株式会社ZENKIGENが運営する、インターネットを用いたオンライン面接サービスです。
オンライン面接を導入した際の面接の流れは以下の通りです。

HARUTAKA(ハルタカ)を用いた面接の流れ

(1)設問登録
設問登録では企業が自由に応募者に対する質問を作り、その結果を選考に反映することができます。ここでは企業が自由に設問を設定できるというのがポイントになっています。設問結果を自社にマッチングするように作ることができれば効率的な採用が可能になります。

(2)録画動画面接
録画動画面接では応募者が簡単な動画を作成して24時間投稿ができます。その動画をもとに採用担当者が合否判断をします。動画は、応募者の都合の良い時に、比較的自由に作成できるので、応募者自身の個性が色濃く表れやすいです。採用者は応募者に創造力、見てもらう人への配慮、オンラインツールをちゃんと使いこなせているか、などといった普段の対人面接ではなかなか見られない要素にも着目することが可能です。

(3)ライブ面接
ライブ面接ではパソコンやスマートフォンのWebカメラを用いたスクリーン上での間接的対人面接です。応募者と採用者は、離れた場所からでも繋がることができるので面接の時間を自由に調整することが可能になります。

(4)対面面接
(1)から(3)まで終えた後はいつも通り対面面接をします。
もちろん内定までをオンラインで完結させることも可能ですが、最終面接だけは対面でと言った場合が多いです。

HARUTAKA(ハルタカ)の便利な機能について

また、HARUTAKA(ハルタカ)には以下の便利な機能があります。

・チャット機能
・候補者管理機能
・録画機能

チャット機能は、LINEでのやりとりのように、応募者と企業側がより軽い形でやり取りができ、堅苦しさがなくスムーズに会話を進めることができます。主にスマホで行うので学生や若者も親しみやすいです。

候補者管理機能では、人事担当者は応募者の一覧管理ができます。データ形式で保存するのでキーワードで分類することが可能です。

録画機能は、主にライブ面接で利用します。応募者との面接内容を録画できるので、社内での共有や、次の面接官への情報伝達に役立ちます。また、面接を振り返ることで、面接官のスキルアップとして次回改善できるヒントを得ることもできます。

このようにHARUTAKA(ハルタカ)はオンライン面接に関する様々な機能を提供します。HARUTAKA(ハルタカ)を用いることで、人材採用を効率的に行うことができるだけでなく、多様なアプローチを通して自社とマッチした人材と出会うことができます。

HARUTAKA(ハルタカ)を導入している企業は、ソフトバンクやカルビー、ミュゼプラチナムなど大企業も多く、国内でも急速に広がっています。また、導入にかかる費用や導入までのハードルは低いので、業界業種を問わず様々な規模の企業でHARUTAKA(ハルタカ)を活用することができます。

まとめ

旧態依然とした採用方針では限界があります。
時代の流れに合った新しい人材を採用する有効な手段として、HARUTAKA(ハルタカ)があります。これを企業がうまく活用することで、自社にマッチした、優秀な人材を効率的に獲得することができるでしょう。

いかがでしたでしょうか。「採用戦略を変えたい」、「新しいことに取り組んでみたい」という方は是非参考にしてみてください。

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。