WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

「グループ面接」で注目すべきポイントとは?4つの質問例を含めて解説!

「グループ面接を行っているのだけれど、どこを重点的に評価したらよいのか分からない」
「グループ面接での質問は、どんな質問をするのが理想なのだろうか」
グループ面接においては、一度に複数の応募者を面接官が面接する必要があり、どんな質問をすれば良いのか分からなくて不安になりますよね。グループ面接で大切なことは、応募者の表情や話している言葉にどれだけ熱意が込められているかを短い時間の中で見抜くことです。今回は、グループ面接を行う面接官がみるべきポイント、グループ面接の質問例や流れを解説します。グループ面接を毎回行っているけれど、うまく質問などができない、時間通りに終わらせることができないと悩んでいる人事の方は、ぜひ、最後まで読んでくださいね。

グループ面接で面接官が見るべきポイント

グループ面接で面接官が、応募者に対して重点的に見るべきポイントとしては、短い時間にしっかりと印象を残せるように努力しているかどうかです。他にも応募者がいるにも関わらず、自分1人でずっと話してしまう応募者には注意が必要です。また、マナーがしっかりと出来ているかどうかも注意してみるようにしましょう。集団面接だから、マナーなどを細かいところまでチェックしていないだろうと考える応募者も多いといえます。集団面接だからこそ、厳しくマナーをチェックするようにしましょう。集団面接で他の応募者がいるからこそ、周囲や面接官に配慮してマナーを守れる人が優秀であるといえます。

自分の意見をしっかりと出せるかどうかも着目しましょう

集団面接の場においても、自分の意見をしっかりと出せる人材かどうかをチェックするようにしましょう。集団面接の場には、応募者が複数人いるので、自分なりの意見を恥ずかしいと思ってチグハグな回答をしたり、言葉に詰まってしまう応募者も多いといえます。
周囲に自分と違う意見を持つ人がいても、しっかりと自分の考えを発言できる人材がどうかは重要な判断材料なので、しっかりと確認するようにしましょう。実際に会社に入社してから自分なりの意見を、集団の中でうまく言えないと、仕事に参加できていないと判断されることも多いため、面接の段階から見抜くようにしましょう。新入社員ならではのフレッシュな発想を会議などで述べて欲しい、と考えて採用活動をしたのに、いざ入社すると消極的で会議の場で発言などをしないという積極性の低い人材を採用せずに済む可能性が高くなります。

グループ面接参加中に望ましい応募者の態度

グループ面接へ参加している応募者の態度として、傾聴の姿勢をしっかりととっているかを確認するようにしてください。他の応募者が発言をしていることに対して、軽く頷いたり、何らかのリアクションをとっているかは確認しておくと良いといえます。話している最中にはしっかりと面接官の方を見て話しているかなど、必ず応募者のリアクションをチェックするようにしましょう。明らかに集中していない、というように見受けられる応募者に対しては、口頭で注意を促すようにしましょう。

グループの面接会場準備

グループ面接は滞りなく面接が進むように、時間の流れを意識するようにしましょう。グループ面接を行うにあたっては、多人数を同時に面接する必要性があるため、効率が良くないとうまく面接をこなせなくなるためです。段取りが悪いと、途中で面接の流れが悪くなってしまい、時間が余計にかかってしまうことになります。応募者の入室までの導線を考えた面接会場への入り方や、応募者を面接する順番をしっかりと考えるようにしましょう。特に応募者の中には面接予定時間よりも30分以上早く面接会場にたどり着いてしまう方もいます。そうなると、応募者を待っていてもらう場所がなくなってしまうこともあり得ます。会場設営と同時に応募者の待機場所などをしっかりと確保できるように、会社の面接会場として予約している場所だけではなく、他の会議室も待合室として押さえておくなど、配慮をするようにしましょう。

グループ面接の流れ

グループ面接の流れとしては、以下のような流れを作っておくようにしましょう。

1.受付で応募者の氏名を確認
2.応募者を待合室へ送る
3.面接の準備が整い次第、面接会場へ案内
4.全員がそろい次第、挨拶
5.応募者が着席
6.面接官から質問
7.応募者からの質問を受け付ける
8.退室

流れを意識すると同時に1人あたりにかけることができる時間などもしっかりと確認するようにしましょう。応募者の人数が増えれば、1人あたりにかけられる質問時間は短くなります。ある程度、タイムテーブルを作っておくことも大切であるといえます。

グループ面接でするべき質問内容

「グループ面接は一人あたりにかけられる質問時間が短い」と悩んでいませんか。グループ面接では面接官が応募者1人あたりにかけることができる時間が短くて大変ですよね。グループ面接でするべき質問内容としては、以下のように短い時間でも返しやすい質問をすることがおすすめです。

・1分間程度で自己紹介をお願いします
・5分間程度で志望動機を教えてください
・5分間程度で自己PRを教えてください
・他社の選考状況を教えてください

それぞれについて解説します。

(1)1分間程度で自己紹介をお願いします

グループ面接においては、出来れば時間制限を設けた上で、質問をするようにしてください。自己紹介に関しては1分間程度でと先に指定しておくことで、ダラダラと話されることを避けることができます。時間を制限しておくことで、本人も短い時間の中で、意見を伝えようという意識になるため、自己紹介を短くてもしっかりと伝わるように話せるようになる可能性が高くなります。

(2)5分間程度で志望動機を教えてください

志望動機に関しては、参加人数にもよりますが、出来れば5分間以内で話してもらうようにしてみて下さい。志望動機に関しては個人ごとに会社に対する理解度が異なるため、5分を少し過ぎて評価を下げるのではなく、しっかりと見極められるように目安時間として取り扱うようにしましょう。会社のことを調べて準備してきていれば、5分程度でもしっかりとした志望動機を話せます。

(3)5分間程度で自己PRを教えてください

自己PRに関しては、5分程度で話してもらうようにしてみて下さい。志望動機とは異なり、自己PRは際限なく話をしてしまう応募者の方が出てしまう可能性が高いといえます。自己PRに関しては5分間をリミットとして、話してもらうようにしましょう。

(4)他社の選考状況を教えてください

他社の選考状況を確認するようにしてみて下さい。例えば、メーカーの面接を受けに来ているのに金融の会社を受けていたりするような、本気度の低い学生を見抜くこともできます。どれだけその業界に就職したいのかについて応募者の本気度を見抜くようにしましょう。

まとめ

グループ面接で見るべきポイントとして、短い時間でどれだけ印象に残ろうと努力しているかどうかを見ることが大切であるといえます。また、マナーなどもしっかりとチェックするよにしましょう。グループ面接を行うにあたっては、面接の流れが滞らないようにすることが大切です。質問には制限時間を設けて、短い期間でしっかりと答えを引き出せるようにしましょう。

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。