WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

今すぐ資料をダウンロード・診断していただけます

初めてのオンライン面接(動画面接)で失敗を防ぐ3つのポイント

従来の対面での面接に加えて、スマホやタブレットで撮影した動画を投稿する録画による面接や、自宅でリアルタイムに行うリモート面接などの「オンライン面接」(動画面接)を導入する企業が増えているのを御存じでしょうか?「やったことないし、詳しく知らない」という方に、今回は、オンライン面接(動画面接)を行う際の注意点やマナー、成功するポイントについて、わかりやすくまとめました。

オンライン面接(動画面接)とは

求職者が応募先の企業へ赴く対面での面接とは異なり、電話・テレビ電話・ビデオ通話を使ったオンライン上で行われる面接のことを言います。パソコンなどのWebカメラを使いリモートで行うライブ式と、あらかじめ企業が用意した設問に答える動画を撮影し、指定されたアプリやWeb上のプラットフォームにアップする動画投稿式の2種類の方法があります。

オンライン面接(動画面接)が増えている背景

企業がオンライン面接(動画面接)を導入するメリットは、大きく分けて2つあります。

1つは、応募数の増加と優秀な求職者を確保するためです。競合他社との競争から都心部に住む優秀な人材を採用できない企業は、遠方(地方や海外残従者など)に住む求職者からターゲットとなる人材を掘り起こす方向へ採用戦略をシフトしています。しかし、交通費やスケジュール調整の問題から選考途中で辞退する求職者が多いため、オンライン面接(動画面接)で時間と距離の問題を解決しようとしています。

もうひとつは、履歴書やエントリーシートよりも求職者のパーソナルな情報を得られることです。特に人物重視の選考を行う企業にとっては、話し方や服装など求職者の人となりを知るうえで、動画は貴重な情報源となるからです。

オンライン面接(動画面接)で気をつけたいルールやマナー

オンライン面接(動画面接)といっても、通常の対面による面接と基本的なルールやマナーは変わりません。服装は、リクルートスーツやジャケット+スラックスなど、きちんとした格好で臨むのが良いでしょう。ただし、アパレル業界など採用企業によってはもスーツ以外が好ましい場合もあるので、どちらがいいかについては、企業側の意図を汲み取った上で判断するのが好ましいです。

他にも画面の面接官に向かってきちんと頭を下げて挨拶する、話すときは相手に失礼にならない言葉遣いを意識する、こうした基本的なマナーを守ることを心がけましょう。オンライン面接(動画面接)で気をつけたいポイントは、「目線の位置」です。オンライン面接(動画面接)は、Webカメラのレンズを通して行うため、ついつい目線を相手の顔が映る画面に合わせてしまいがちです。自分の顔が画面の正面に映る位置にカメラを固定して、話すときの目線は相手の目を見て話すのと同じように、Webカメラのレンズを見て話してください。目線がずれたまま話してしまうと、相手に「面接に集中していない」印象を与えてしまいますので気をつけましょう。

スマホでもオンライン面接(動画面接)はできる

総務省の通信利用動向調査(2017年)で、スマホがパソコンや固定電話よりも世帯保有率で上位となったことから、自宅にパソコンのない人でも可能なスマホ対応のオンライン面接(動画面接)ツールを導入する企業が増えています。ただし、スマホでオンライン面接(動画面接)を行うときは、カメラの位置に気をつけてください。ブレた映像にならないよう、手持ちでの撮影や不安定な場所に立てかけるのは避けましょう。スマホの利点は、目線を合わせやすいことや、全身を映す際に便利なことです。自分が最もきれいに見えるポジションを見つけやすいので、ポジションを決めたあとは、スマホをテープやブックスタンドなどでしっかり固定して、安心して撮影に臨めるようにしましょう。

オンライン面接(動画面接)の準備

オンライン面接(動画面接)の準備について、特に難しいものはありませんが安心して面接に臨むためにも以下の項目は最低限確認しておきましょう。

(1)オンライン面接(動画面接)のツールをチェック

各企業は、それぞれの採用戦略に合わせたオンライン面接(動画面接)ツールを選択しています。専用アプリであればダウンロードが必要ですし、アカウント取得が必須のツールもあります。当日に慌てて設定する事態を防ぐためにも、応募先企業のツールは最初に確認しましょう。

(2)オンライン面接(動画面接)に適した場所を選ぶ

オンライン面接(動画面接)を行う場所は、求職者が自分で選択します。選ぶときに気をつけるポイントは「ネットワーク環境」と「周囲の雑音」です。特にライブ式の面接では、途中で切断するといったトラブルを避けるためにも、ネットワークが安定した環境で行ってください。また、面接中に周囲の会話や物音のせいで、互いの声が聞き取り辛くならないよう静かな個室で撮影しましょう。

(3)画面に映る範囲は事前に整理整頓

Webカメラのフレーム内に映り込む背景に注意してください。特に、自宅で撮影する場合、ポスターやカレンダーなど余計なものに面接官の目がいかないように、撮影する前に自分以外に映り込むものがないか確認しましょう。

オンライン面接(動画面接)を成功させるポイント

ここでは、オンライン面接(動画面接)を成功させるポイントについて解説します。はじめてオンライン面接(動画面接)をする方は、下記を参考にしてみてください。

(1)パソコンの場合、ネット回線はケーブルを使う

安定したネットワーク環境で面接を行うために、Wi-Fiではなくできればケーブルをつなげた状態のパソコンでオンライン面接(動画面接)を行いましょう。それでも万が一、通信トラブルが起こった場合に備えて、スマホのWi-Fiスポットなど、バックアップ用の回線や緊急時の通信手段を用意しておくと万全です。

(2)照明はできるだけ明るくする

自分の目で見ている周囲の明るさと、カメラに映る状態が同じ明るさとは限りません。照明はできるだけ明るい状態をつくって、表情が明るく見えるように位置を調整しましょう。細かい調整が難しい方は、正面やや斜めから当ててみてください。また、白いハンカチを敷いて下から光を反射させると明るさがより際立ちます。

(3)カメラから見えない位置にメモを貼る

カメラに映らない場所は、面接官から見えることはありません。裏を返せば、見えない位置であれば質問に対する答えなどのメモがあっても、相手にばれることはないということ。ただし、ポイントは目線がカメラから外れない位置に貼ること。明らかにメモを見ていると相手にはわかってしまいますので、メモを貼る位置も事前に確認しておきましょう。

まとめ:オンライン面接(動画面接)のススメ

オンライン面接(動画面接)は、求職者にとっても「時間や場所を問わない」「お金がかからない」など、メリットがたくさんある面接ツールです。上手く活用することで、以前より多くの企業にエントリーすることもできます。最後に、オンライン面接(動画面接)を行う場所は、できたら自宅をお勧めします。実家に住んでいる方は、ご家族に協力をお願いしてリラックスした状態で面接に臨んでください。

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。