Column

お役立ちコラム

社員研修とは?目的やカリキュラムの種類、事例などを紹介

社員に向け、業務にまつわる知識やスキルなどを学んでもらうために行う社員研修。企業や会社をさらに成長させるためには、何よりも社員のスキルアップが求められています。そのためには、充実した社員研修のカリキュラムを準備する必要があるのです。この記事では、社員研修の目的や、カリキュラムの種類、ユニークな社員研修を取り入れている企業の事例を紹介します。

社員研修とは?

自社企業に所属する社員向けに、知識やマナー、スキルなどを身につけさせるための学びの場です。社員研修といえば、新入社員や若手社員向けのセミナーが思い浮かびますが、中堅社員や管理職に向けたもの、スキル別の研修なども存在します。

社員研修の目的

社員研修は、ビジネスにおけるマナーや知識を社員に身につけさせることだけではなく、企業の経営理念を浸透させ、チームワークや帰属意識を育てる狙いがあります。それらを育てるためには、一体どのような研修を行うといいのでしょうか?

社員研修の種類

社員研修には、

・Off-JT(Off-The-Job-Training)

・OJT(On-The-Job-Training)

・グループワーク

・ロールプレイ

・オンライン研修

などの5つがあります。以下では、一つひとつどのようなことをするのか詳しく説明します。

Off-JT(Off-The-Job-Training)

Off-JTは、Off-The-Job-Training(オフ・ザ・ジョブ・トレーニング)を略した言葉で、職場外研修のことを指します。一般的な座学で行われる研修や、社内や社外で行われるセミナーなどがこれに該当します。知識やスキルについて体系的に学ばせることができる研修スタイルです。

OJT(On-The-Job-Training)

OJTは、On-The-Job-Training(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の略で、実際に業務を行いながら、知識やスキルを身につける研修のことです。研修は社員によって行われます。実践的なので実際の成功や失敗を経験することができ、即戦力を育てやすい方法です。

研修を行う立場の社員も、業務の見直しや指導方法を考えなくてはならないため、スキルアップにつなげられるメリットがあります。

グループワーク

数人でグループを作り、力を合わせて共通の課題を解決していきます。チームで問題を解決するという経験ができ、コミュニケーションも活発になり、チームワークや協調性を育てるのに役立つ研修スタイルです。

ロールプレイ

実践を模して行われるロールプレイは、接客業やサービス業などで多く用いられる研修方法です。お客様との会話や契約、販売の流れなどを体験しながら学ばせます。実践的ではありますが、OJTのように実際の現場に入るわけではないので、より体系的に学びにつなげられるでしょう。

オンライン研修

コロナ禍の影響もあり、配信で行うオンラインの新人研修がトレンドになりつつあります。オンライン研修には、あらかじめ録画された内容を繰り返し学ぶe-ラーニングとライブ配信があり、スマホやタブレットなどを使って行います。

メリットは、時間や場所にとらわれず研修できることです。また、社員を一箇所に集めずにできるので、会場を借りたり、社員の移動費を捻出する必要がなく、研修にかかるコストを抑えられます。デメリットは、実践的な研修ができないため、技術の習得には向かないことです。

階層別の社員研修の内容

社員研修は、新入社員、中堅、管理職など階層別に行われることがあります。それぞれの主な内容を紹介します。

新入社員向けの研修

まだビジネスや業務について知見を得ない新入社員向けの研修です。主にビジネスマナーやスキル、知識などを身につけさせるために行います。また、研修を通して、企業の理念や風土を理解してもらうことも重要です。

企業や現場が即戦力を求めるあまり、OJTでの研修ばかりを行う会社も多いですが、Off-JTでしっかりと理論や基礎を身につけさせるようにしましょう。

中堅社員向けの研修

入社して数年経ち、社会人としての自覚や、ビジネスの常識なども身につき始める中堅社員を対象にした研修です。チームやプロジェクトのリーダー、まとめ役などを務めることが増えるにあたって、フォロワーシップ研修やメンター研修などが行われます。

新入社員や若手社員の良き支援者や理解者、指導者として成長できるカリキュラムが必要です。

管理職向けの研修

営業成績、事業成績などの責任を負う立場である、課長や次長、部長などに向けた研修には、リーダーシップ研修やコーチング研修、マネジメント研修などがあります。若手社員や中堅社員を引っ張って行ける統率力、マネジメント能力を養えるカリキュラムが必須です。

社員研修の事例

ここでは、ユニークな社員研修を取り入れている企業の事例を紹介します。

株式会社ヴィクトリア

首都圏を中心に、スポーツやアウトドアなどの専門店を展開する株式会社ビクトリア。新入社員研修として、ゴルフや登山、ランニングなどのスポーツを実際に体験する取り組みを行なっています。これを取り入れることで、社員自身がスポーツを始めるきっかけになったり、専門性の高さが要求される接客業務の糧にしたりすることができます。

東洋紡株式会社

社員をチームに分け、商品を企画、クラウドファンディングで資金を集め実際に販売するという、実践的な社員研修を取り入れる東洋紡株式会社。商品開発や顧客フォローなど、実際のビジネスの方法だけではなく、役割分担の大切さやチームとして働くとはどういうことなのかを学ぶことができます。

トラスコ中山株式会社

工具や作業用品、機械類などに必要なプロダクトツールの専門商社であるトラスコ中山株式会社。自立型人材の育成に注力し、管理職を管理職を立候補制にしています。社員研修は、各階層や入社年数別に用意されており、新入社員から管理職に至るまで、学び、成長できるスタイルを取り入れています。

参照: 企業事例集|産労総合研究所

社員研修を見直して会社の業績を上げよう

企業や業務を回すのは、誰でもなく社員です。階層や業務に合わせた社員研修を取り入れることは、業績を上げることにつながります。もし、現在の社員研修に満足いっていなかったという管理職や採用担当者は、今一度内容を見直してみましょう。

その他のコラム

コラム一覧に戻る
資料請求

お問い合わせ電話番号

03-3286-8550