Column

お役立ちコラム

今すぐ活用!オンライン面接のおすすめツール5選&事前準備まで解説

オンライン面接に使用できるツールは、とても多くあります。対面式の面接よりも事前準備が少なく、応募者にとっても気軽にアクセスできるオンライン面接を成功させるためには、ツール選びはとても大切です。

この記事ではオンライン面接に必要なツール選びから、おすすめツール、事前準備までをご紹介します。オンライン面接の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

オンライン面接のおすすめツール、無料と有料どちらがいい?

オンライン面接で使えるツールには、無料のものと有料のものがあります。できる限りコストを削減するのなら無料ツールもおすすめですが、より便利で活用できるツールを選ぶのなら、有料のものがおすすめです。

スケジュール管理できるものや、応募者とのチャット機能、リマインダー機能など、企業や担当者に合った特色のツールを選ぶと、よりスムーズなオンライン面接を行うことができるでしょう。まずはどちらも試してみて、より使いやすいと感じるものを選びたいところです。

オンライン面接のおすすめツール

それでは実際に、オンライン面接で活用できるおすすめツールを5選ご紹介します。それぞれのツールには特徴や特色があるので、比較しながら選んでみてください。

知名度が高くて安心「harutaka」

導入している企業が多く、知名度が高いharutaka。安心して導入することできて、企業に対してのフォローアップも万全です。応募者からのアクセスも簡単で、事前準備が少ない状態で応募できるのも魅力的。

録画機能やチャット機能が充実しているため、担当者の使いやすいように進められます。画質もきれいで、オンライン面接に慣れていない方でも導入しやすいでしょう。

安定感で選ぶなら「Calling」

安定感があるCallingは、アプリのインストールが必要なく、すぐに活用できるのが魅力です。URLをクリックするだけでアクセスできるため、オンライン面接に慣れていない応募者も気軽に使うことができるでしょう。

機能には制限がなく、何時間でも使えるのもポイント。オンライン面接だけでなく、オンラインでの商談や説明にも最適なツールです。

一括管理が便利「インタビューメーカー」

面接の日程や時間を、自動で調整できるのが便利なインタビューメーカーは、管理機能を使いこなしたいという方におすすめです。WEB面接に特化しているツールなので、欲しかった機能が充実しています。

他にも書類選考、ステータスを一括管理してくれる機能もあるため、担当者の業務削減効果にも期待できるでしょう。

シンプルに使える「BioGraph」

よりシンプルで最低限の機能にこだわるなら、BioGraphがおすすめです。画面レイアウトや使用感もシンプルで、複雑な操作が苦手な方でも使いやすいでしょう。

チャットやメモ機能はありませんが、その分面接に集中して取り組めるはず。企業にとっても応募者にとっても、少ない負担で面接に挑むことができます。

初期費用なし!「ウェブメン」

就職情報サイト「マイナビ」のオンライン面接ツールは、初期費用がかからないのがポイントです。月額だけで導入でき、契約期間の縛りがないため、企業にとっtw導入しやすいツールと言えます。

ビデオ機能や画面共有はもちろん、面接を監視できる「モニタリング機能」、カメラに写した内容をキャプチャして保存できる「画面キャプチャ」など、特色ある機能性が魅力です。

無料で使えるオンライン面接のおすすめツール

オンライン面接で使えるツールには、無料のものもあります。少しでもコストをおさえたいという方は、無料ツールを検討してみるのも良いでしょう。

気軽に使いやすい「Zoom」

無料で使えるオンラインツール、Zoomを面接に導入している企業も少なくありません。最低限の機能は無料で使えるため、できる限りコストを抑えたいという企業や担当者におすすめできます。

こちらも知名度が高く、応募者がすでに利用しているというケースも多いため、面接へよりスピーディーに辿り着きたいという場合にも使いやすいと言えます。

チャットと併用して利用可能「Skype」

無料ツールを選ぶなら、Skypeもおすすめです。アカウント登録が必要になりますが、チャット機能も備わっているため、面接前の連絡を取りやすいのが魅力。

通話テスト機能もあるため、事前に通信状況を確認できるのも安心できるポイントですね。すでに応募者がアカウントを所持していればスムーズに進められますが、初期登録の場合は余裕を持ってスケジュールを組むようにしましょう。

そのほかのオンライン面接ツールのチェックポイント

ここでは、オンラインの面接ツールを選ぶときに参考にできる、そのほかのチェックポイントを3つ紹介します。

1.機能性

ビデオ機能に加え、チャットや録画機能など、オンライン面接ツールにはさまざまな機能が付いています。たくさん機能が付いているほど便利で使い勝手がいいと思われるかもしれませんが、実際そうではありません。

多機能なツールほど費用が割高だったり、使いこなせなかったりする可能性があります。自社の選考で使う機能のみが付いたツールを選ぶと、費用の面でも、使いやすさの面でも満足度が上がるでしょう。

2.画像と音の質

面接中の画像や音声の質が悪いと、応募者に不安を与えてしまう可能性があります。オンライン面接ツールを選ぶ際は、クチコミだけではなく、実際に使い勝手を確かめてから導入すると失敗しません。

導入前に無料のトライアルを受けたり、自社の社員同士でデモストレーションを行い、実際の画質や音質についてチェックしてみましょう。

3.料金体系

有料のツールを導入する場合、料金の体系も選ぶうえでのポイントです。導入費用がかかるもの、月額利用料で使えるもの、人数や利用時間などによって金額が変わるタイプなどがあります。

料金の面からの導入のしやすさ、また自社や応募者にとっての使い勝手などの面から見て、バランスが取れたツールを選びましょう。

オンライン面接の挨拶のポイントは?

オンライン面接での応募者への挨拶は、対面式の挨拶と少し異なります。まず、オンライン面接では対面式のように立って挨拶をする必要がなく、座ったまま挨拶をしてOKです。画面から自分の顔が出ないように注意しながら、常に確認しながら行うのが良いでしょう。

オンライン面接は事前練習をして挑む

オンライン面接はまだ普及したばかりで、慣れていないという担当者も多いのではないでしょうか。オンラインでの会話やコミュニケーションのコツを掴むにはある程度時間が必要なので、事前に何度か準備しておくと安心です。

通信状況が安定しているかどうか、面接を行う部屋の音漏れがないかどうかも確認し、万全の状態でオンライン面接に挑みましょう。実際の面接のように流れを組んで行うと、実際の面接のイメージがしやすく、担当者の自信にもつながります。

オンライン面接を活用して面接をスムーズに!

オンライン面接に使えるツールは様々ですが、色々なものを試してみて使いやすいツールを選ぶのがおすすめです。ツールにより特色が異なるので、活用しやすいものを探して導入してみてください。

オンライン面接を活用できると、面接がスムーズになるだけでなく、他の業務のスピード感もアップします。ぜひ、最適なツールを使ってオンライン面接を成功させてください。

全41ページ!オンライン採用完全攻略ガイド

事例集をまとめ読み!

採用のヒントが詰まった
「成功導入事例集」!

導入事例集ダウンロード

その他のコラム

コラム一覧に戻る
資料請求

お問い合わせ電話番号

03-3286-8550