Column

お役立ちコラム

オンライン面接の成功マニュアルを徹底解剖!失敗しないためのコツとは

オンライン面接とは、インターネット上で繋がり、オンラインで行う面接のこと。画面上でお互いの顔を確認しながら行えるので、対面式の面接と同じように、一対一もしくは複数人での面接が可能になります。リモートワークの普及や社会の変化に伴い、オンライン面接を導入する会社が急増。これからの時代の採用に、オンライン面接は欠かせないものとなっているのです。

 

オンライン面接を導入するメリット

オンライン面接を導入するメリットを確認していきましょう。会社にとって有益なオンライン面接ですが、具体的にどんなメリットがあるのか確認してみてください。

コスト削減につながる

今まで面接にかかっていた、面接会場に支払う費用や交通費がなくなるのは、オンライン面接の大きなメリットとなります。面接の予算を下げたい会社や、コストを削減したい方にとってはとても魅力的だと言えます。

面接官の業務が減る

オンライン面接になると、面接官はどこからでも面接を行うことができるようになります。そのため、面接会場への移動時間や準備時間がなくなり、必然的に業務が減るのもメリットです。

忙しい面接官も、会社のオフィスやレンタルスペース、自宅などからでも面接ができ、スケジュールを組みやすくなるでしょう。

遠方からでも応募できる

オンライン面接は、地方や遠方に住んでいる方でも応募できるので、今までは導入できなかった応募者にまで窓口が広がります。面接会場まで足を運ぶのが困難な場合でも面接を受けられるのは、会社だけでなく応募者にとってもメリットと言えますね。

オンライン面接の導入方法

具体的にオンライン面接を導入する際、どんな方法で進めばいいのかをご紹介します。

使用するツールを選ぶ

オンライン面接には、応募者と繋がるためのツールが必須です。オンライン面接で使用できるツールには様々なものがありますが、会社や面接官が使いやすいものを探してみてください。

例えば何人までの面接が可能なのかどうか、機能面は充実しているのか、安全性の高さなど、それぞれが重視したいポイントを確認しながら、最も最適なツールを選ぶのが良いでしょう。

登録、ダウンロードを行う

使用するツールが決まったら、登録を行います。ツールによってはダウンロードや会員登録が必要なものもあるので、事前にチェックしておきたいところ。費用が発生する場合は、この段階で支払っておきます。

WEBカメラ、ネットワーク環境を整える

オンライン面接で使用するWEBカメラの確認や、ネットワーク状態を確認し、面接できる環境を整えていきましょう。カメラはPCに内蔵されているものもありますが、より画質をきれいにするのなら外付けタイプを選ぶのもおすすめです。

また、ネットワーク環境が悪いとスムーズに面接を行えないだけでなく、会社のイメージ低下につながる可能性があります。ネットワーク環境は重要なので、安定して接続されるかどうか、必ずチェックするようにしましょう。

オンライン面接を行う場所を確認する

オンライン面接はどこからでも行うことができますが、場所選びも大切です。例えばオンライン面接では外部からの音が入りやすいので、騒音のある場所はあまり適していません。他にも車の音や隣の部屋にいる人の声が聞こえるなどのような場所も、避けるのが良いでしょう。

さらに、オンライン面接ではプライバシーを守ることが大切なので、画面上には誰も入れない場所かどうか、音声は漏れない場所かどうかもチェックしておくと安心できます。

オンライン面接を成功させるコツとは

オンライン面接を成功させるためには、コツをおさえましょう。対面面接との異なる点を認識しながら、オンライン面接ならではのメリットを活かすように意識してみてください。

アイスブレイクで応募者とのコミュニケーションを進める

オンライン面接では画面上の対面となるため、応募者の表情を読み取りにくいというケースがあります。そのため、面接の冒頭ではできるだけ緊張をほぐしたり、コミュニケーションを深める必要があります。

面接前にはアイスブレイクを取り入れて、応募者と気軽に話せる雰囲気作りをするのがおすすめです。両者共にリラックスした状態で挑めると、採用に向けて前向きな話がしやすくなり、応募者の熱意も伝わりやすくなるでしょう。

オンラインのコミュニケーションに慣れる

画面上で対面するオンラインのコミュニケーションは、実際に会う時と同じように会話をすることができますが、慣れていないとスムーズにいかないケースもあるようです。面接官がリードして面接を進めるためにも、前もってオンラインでのコミュニケーションに慣れておくことは大切です。

また、オンラインツールの操作方法に慣れておくことも重要。トラブルが発生した際に対応できるかどうかも、面接を成功させる鍵となります。

質問内容を準備する

オンラインでの面接では、限られた時間の中で応募者と効率良くコミュニケーションを進める必要があります。そのため、いくつか質問を準備しておき、応募者の反応に合わせてスムーズに会話を続けらるようにするのがおすすめです。

面接のやりとりがワンパターンだと、応用が効かないだけでなく、面接時間を活用しきれない可能性があります。そのため、いくつかの質問やアイスブレイクのパターンを準備したり、会話のネタを準備しておけば、会話が途切れることなく充実した面接を行うことができるでしょう。

どんなツールがおすすめ?

オンライン面接で使用できるツールは様々で、それぞれの魅力も異なります。一体どんな基準でツールを選べば良いのでしょうか。

有料か無料で選ぶ

オンライン面接で使用できるツールには、無料のものと有料のものがあります。無料のものでも、最低限の機能が備わっており、オンライン上で接続し面接を行うことは可能です。できる限りコストを抑えたいという場合にも、無料ツールを一度使ってみるのは良いでしょう。

有料ツールは、無料ツールに比べ優れた機能のものが多く、会社や担当者の使いやすいようにカスタマイズすることも可能です。また、セキュリティ面においても有料ツールは安心して使えるので、自由度が高く安全性を求めるのであれば、有料ツールがおすすめと言えます。

使用するデバイスで選ぶ

オンライン面接をする際に使用するデバイスは、PCやスマホ、タブレットなど何を使うのかも確認しておきましょう。応募者の中にはスマホしか準備できないという方もいるので、幅広いデバイスで使用できるものだと、より窓口を広げることができます。

知名度や導入率で選ぶ

オンラインツールはたくさんありますが、安全性を重視するなら知名度の高いもの、導入率の高いものだと安心できるでしょう。すでに使用している会社が多ければ多いほど、安心して導入できるはずです。

応募者にとっても、聞き慣れないツールよりは、ある程度認知度のあるツールの方が安心してアクセスできるはず。各社のホームページに記載されているので、チェックしてみてください。

アクセス方法で選ぶ

オンライン面接のツールにアクセスする際、アプリのダウンロードや会員登録が必要だと、手間がかかるだけでなく、応募者の確保につながらない可能性があります。ツールはできるだけ簡単にアクセスできるものや、手軽に使えるものがおすすめです。

例えばURLをクリックするだけで面接会場に入れたり、登録なしでも面接可能なツールだと、応募者も面接官も手間が省けます。ツールの使用方法はそれぞれ異なるので、導入前に確認してみましょう。

スムーズな採用にはオンライン面接を!

対面式の面接とは少し異なるオンライン面接ですが、スムーズで効率の良い採用を進めることができるので、ぜひ導入してみましょう。事前準備やツール選びは必要ですが、多くのメリットがあるので導入する価値は高いと言えます。

すでにオンライン面接を導入しているという方も、この記事を参考に、よりスムーズな採用面接を目指してみてください。

WEB面接ツールharutaka

事例集をまとめ読み!

採用のヒントが詰まった
「成功導入事例集」!

導入事例集ダウンロード

その他のコラム

コラム一覧に戻る
資料請求

お問い合わせ電話番号

03-3286-8550