WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

今すぐ資料をダウンロード・診断していただけます

スカイプ(Skype)面接を成功させるコツと3つの注意点

スカイプ(Skype)面接と聞いて、あなたはどんなイメージが浮かびますか?以前は、外資系企業の面接ツールとして名前を聞いた方もいると思います。しかし、現在では国内企業も積極的にスカイプ(Skype)面接を導入して、応募数の増加を図っています。求職者にとっても企業にとっても使いやすい面接ツールとして、新しいサービスがどんどん生まれているスカイプ(Skype)面接。今回は、スカイプ(Skype)面接を使う際の注意点や面接の流れについて、ポイントを下記にまとめました。まだスカイプ(Skype)面接をしたことがない方は、これを機会にチャレンジしてみてください。

スカイプ(Skype)面接とは?

以前は、アメリカで行われているリモート面接として、スカイプ(Skype)やハングアウト(Hangouts)が紹介されていましたが、現在ではWeb面接の一種として国内でも多くの企業がスカイプ(Skype)面接を導入しています。そもそもスカイプ(Skype)は、パソコンやスマートフォンのカメラでテレビ電話を無料で行えるアプリケーション。その機能を面接に応用したのがスカイプ(Skype)面接です。スカイプ(Skype)面接の特徴は主に以下の通りとなります。

・交通費や移動時間に縛られず遠方の相手と面接ができる
・パソコンやスマートフォンがあれば誰でも簡単に扱える
・自宅でも行えるためリラックスした状態で臨める

求職者にとって便利で使いやすい面接ツールなのが理解できると思います。ただし、便利で使いやすいからといって、何も調べずにスカイプ(Skype)面接を行おうとすると、思わぬ失敗に見舞われることがあります。そこで次の項目では、スカイプ(Skype)面接で気をつけるべきマナーについてお伝えします。

スカイプ(Skype)面接のマナー

スカイプ(Skype)面接で気をつけてほしいのは、対面の面接ではないからと軽く考えないことです。服装は、通常の面接と同じようにスーツやジャケットは着用して臨んだ方が良いでしょう。面接官の方への挨拶もカメラの枠から外れない範囲できちんと頭を下げて行いましょう。髪型もボサボサで臨むのではなく、きちんとセットして身だしなみはキレイに整えてください。男性はカメラで無精ひげが見えないよう、髭はしっかり剃っておきましょう。

また、スカイプ(Skype)面接を行う場所選びも大切です。ポイントは、「安定したネットワーク環境」と「雑音のしない静かな空間」この2つです。ネットワーク環境については、フリーWi-Fiは避けて、パソコンの場合は有線LANケーブルを使いましょう。途中で回線が切れて面接が中断しないよう気をつけてください。また、周囲の話し声や物音のしない静かな場所を見つけておきましょう。面接に関係ない音が周囲で響くと面接官の方に不快感を与えてしまうので注意してください。

以上のことからスカイプ(Skype)面接は、自宅で行うことをお勧めします。自分の部屋でリラックスして臨むことにより、ベストな状態で面接を行えるでしょう。

スマホでもスカイプ(Skype)面接はできる?

結論から言うと、スマホでもスカイプ(Skype)面接は可能です。ただし、手持ちや不安定な位置にスマホを置いた状態で面接に臨むことは避けましょう。パソコンのWebカメラのようにしっかり固定したうえで、ネットワーク環境を入念にチェックして問題なければスマホでもスカイプ(Skype)面接を行えます。

スカイプ(Skype)面接の準備・流れ

スカイプ(Skype)面接を行うときは、以下の流れに沿って準備してください。

(1)スカイプのアカウントを作成する

まずは、アプリをインストールしてアカウントを作成してください。普段からスカイプ(Skype)を使用している方は大丈夫ですが、スカイプ(Skype)を使ったことがない方は、スカイプ(Skype)面接をすることが決まったらすぐにアカウントを作成しましょう。アカウントがなければ、面接を始めることすらできませんので気をつけてください。なお、スカイプ(Skype)のアカウントは無料で登録できます。社会人となってから会議などで使うことがあるかもしれませんので、この機会にアカウントを作成しておいても損はありません。

(2)企業と面接時間を擦り合わせる

応募した相手先企業の採用担当者とスカイプ(Skype)面接を行う時間を、メールや電話で調整しましょう。自分の都合のいい時間だけを提案するのではなく、採用担当者も忙しい中で面接時間を確保してくれるので、相手の都合も考慮したうえでお互い無理のない時間を設定してください。当日、急用やトラブルで開始時間に間に合わない場合は、緊急の連絡先を事前に用意して遅れる旨を速やかに伝えるようにしましょう。

(3)時間になったらメッセージを送信する

スカイプ(Skype)面接の開始時間5分前になったら、面接官にこちらが準備できた旨を伝えるメッセージを送信しましょう。送信後は準備を整えた状態で相手の反応を待ってください。会議などで面接開始時間が遅れる場合もありますので、慌てず焦らず心を落ち着けて待ちましょう。企業から着信を受けたら面接スタートとなります。面接官の画面に自分の表情が映っていると気付かずに通話がスタートしていたなんてこともありますので、気をつけましょう。

スカイプ(Skype)面接の注意点

細かい所も含めて、最後にいくつか注意するポイントを押さえておきましょう。

(1)ログインは面接開始時間10分前

時間ギリギリにログインして、面接官が先にログインしていたなんてことがないよう、面接開始時間の10分前にはスカイプ(Skype)にログインしておきましょう。10分前ログイン、5分前メッセージ送信、この2つを踏まえておけば慌てることなく面接に臨めます。

(2)面接中は、画面よりカメラを見る

対面の面接と同じように、ついつい相手の顔が映っている画面を見て話してしまう方がいますが、これはスカイプ(Skype)面接ではマナー違反という意識を持って、しっかりWebカメラに目線を合わせて話をするようにしましょう。

(3)話すときは、慌てずハッキリした声で伝える

対面の面接と違って、どれくらいの声量で話せばいいか、いまいちつかめない方もいると思います。大切なのは、ただ声を大きくするのではなく、早口にならずハッキリした口調で話すことがポイントです。もし、不安であれば着信があった際に、「聞き取り辛くないでしょうか?」と最初に確認しておくといいでしょう。

まとめ:スカイプ(Skype)面接は誰でもできる

事前にアカウントの作成やインターネット環境の確認など、いくつかチェックすることはありますが、面接自体は対面の面接と変わりありません。むしろ、相手先で必要以上に緊張して臨むより、自分の部屋で落ち着いた環境のなかで行う方が安心して臨めると思います。時間や場所に縛られないスカイプ(Skype)面接を一度試してみましょう。

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。