WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

今すぐ資料をダウンロード・診断していただけます

内定者フォローの重要性とは?内定辞退を防止する3つのコツ!

「内定者フォローを強化したい。採用難でなかなか学生が採用できない上に、内定辞退が多くなってしまった」
「うちの会社ってそういえば、内定者フォローは内定式しかやっていない。他の会社はどうやって内定者の囲い込みをしているのだろうか」
内定者フォローの重要性を理解しつつも、会社によってはまだまだ入社式しか内定者フォローを実施できていないという会社は多いです。
内定者フォローを実施することで、内定辞退者を減らし、採用を成功させましょう。
今回は、内定者フォローの重要性と、囲い込みなどの対策について解説します。

内定者の不安をなくすために内定者フォローが必要

内定者の不安をなくすために、内定者フォローが必要であるといえます。
内定ブルーという言葉があるように、内定者は入社するまでの間に会社に入社して大乗なのかどうかなど不安に駆られます。
内定者の不安を取り除くことで、内定辞退を減らすことができます。

学生が内定者フォローを望む理由

「学生が内定者フォローを望む理由ってどんなものがあるのだろうか」と気になっていませんか。
学生はまだ社会に出たことがなくあらゆることが初めての経験となります。
そのため、出来るだけ入社前に情報を知り、入社先がどんな会社なのかを知っておきたいということがあります。
学生が内定者フォローを望む理由として、以下の理由があります。

・入社先の情報を得て安心感を得たい
・同期の顔を見たい、同期を知りたい
・会社の雰囲気や風土を知りたい
・入社までに勉強しておくべきことを知りたい
・先輩社員を知っておきたい

それぞれについて解説します。

(1)入社先の情報を得て安心感を得たい

入社先の情報を得て安心感を得たい学生は多いです。
人事の方自身も、学生時代を振り返ると、入社前は会社に入るまで不安いっぱいだったのではないでしょうか。
自分自身の学生時代を振り返り、入社前に知りたかったことを入社予定の学生に伝えることで、学生自身の不安感を取り除き、安心感を与えることができます。
配属先の情報や会社が新卒に対して期待している役割などを伝えて、安心感を与えることができるようにしましょう。

(2)同期の顔を見たい、同期を知りたい

同期がどんな人なのか気にしている学生は非常に多いです。
これからずっとライバルでもあり、一緒に仕事をしていく上で大切な仲間である同期を紹介する場を設けるようにしましょう。
同期同士のコミュニケーションが闊達になると離職率が下がったり、仲間意識が芽生えることで、内定辞退する確率が下がります。

(3)会社の雰囲気や風土を知りたい

会社の雰囲気や風土を学生が知ることで、不安感がなくなります。
入社式直後にすぐに退職してしまう新卒が出ている会社は、事前に職場を知ってもらう機会を設けることが大切です。
入社式直後はギャップを感じると退職をしてしまう可能性が高いため、そのリスクを減らす意味でも、入社前にお互いを知る機会として、入社前インターンなどを希望者に対して実施するなどするようにしましょう。
希望を募るといっても強制参加の雰囲気にはせず、あくまでも本当に参加したいと望んでいる学生に対して実施するようにしましょう。

(4)入社までに勉強しておくべきことを知りたい

熱心な学生の場合には、入社前に勉強しておくべきことを知りたいと思っている学生もいます。
そのため、出来るだけ学生に対して入社前にやっておいて欲しいことや勉強しておいた方が良いことを伝えると良いといえます。
入社前に社員が参加している社内研修会などがあれば、参加してもらうなどしてみましょう。

(5)先輩社員を知っておきたい

学生の不安を解消するためにも、出来るだけ先輩社員と交流の場を持つようにしましょう。
会社にいる先輩の顔を見ることで、安心をすることができるという学生もいます。
入社段階でもう配属先が決定している場合には、配属予定部署の先輩社員とミーティングをする機会などを持つようにしましょう。
配属先が決定していない場合には、入社年次の近い先輩社員を紹介するようにしましょう。

内定者囲い込みで有効な対策とは。内定辞退率を下げるためには気軽に連絡が大切

内定者囲い込みで有効な対策としては、採用担当者が出来るだけ企業と学生の接触の機会を増やすことが重要です。
内定式しか入社前のコミュニケーションが出来ていない、そこに割くリソースがどうしても確保できないという場合でも、出来ることがあります。
具体的には、以下のような方法です。

・ラインやSNS等で学生と連絡をいつでもとれるようにしておく
・採用担当者にいつでもメールが出来るように連絡先を伝えておく
・懇親会の開催

それぞれについて解説します。

(1)ラインやSNS等で学生と連絡をいつでもとれるようにしておく

ラインやSNS等で学生といつでも連絡をとれるようにしておきましょう。
学生が不安に思ったとき、いつでも気軽に相談できる体制があることで内定辞退率が下がります。
不安に思ったタイミングで連絡がつかないと、それだけで学生の不信感を募らせてしまうことになります。
出来るだけ、いつでも情報を見ることができる状態にするようにしましょう。

(2)採用担当者にいつでもメールが出来るように連絡先を伝えておく

採用担当者の会社のメールアドレスを学生に公開し、気軽に質問できる体制を作っておきましょう。
SNSはハードルが高いし、リスクが高いと考えている場合には、メールをいつでも受け取ることができるような状態にしておきましょう。
電話は若い子は苦手だと感じているケースもあるので、出来るだけメールを活用するようにしましょう。

(3)懇親会の開催

内定式だけではなく、定期的に懇親会を自由参加で設定する方法も有効です。
内定式後に学生の状況に変化があると、内定辞退されてしまう可能性があるためです。
出来るだけ自由参加で、人事部以外の社員も参加してもらうようにしましょう。
人数比率などは会社側が少し多くなるように調整すると良いといえます。
せっかく開催で主催する交流会なので、出来るだけたくさん会社側の人たちと交流できるような懇親会を設定するようにしましょう。
会場などは凝った場所でなくとも、会社の中の会議室で飲食するなど気軽に開催するようにしましょう。
学生に会社を知ってもらう努力が大切です。

まとめ : 学生が内定前に内定者フォローを望む理由として、不安を解消したい

学生が内定前に内定者フォローを望む理由として、不安を解消したいということがあります。
学生が内定者フォローを望む理由として、入社後にどんな人と働くのか、どんなことを入社までに勉強すれば良いのかなどを知りたいなどの理由があります。
内定者囲い込みの対策として、SNSによる連絡、メールによる連絡、懇親会という手段があります。
学生が会社に対して不安を抱いたタイミングで、すぐに連絡をとれるような体制を構築しておくことが大切です。
懇親会に関しては定期的に自由参加で参加できるようにしましょう。
また、参加する人数比に関しては、少しだけ会社側の参加者が多くなるように調整するなどして、会社が学生を歓迎していると感じてもらえるようにしましょう。
学生はこれから社会に出るにあたって様々な不安を抱いているので、出来るだけ気軽に相談できる体制を構築することが大切です。

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。