Column

お役立ちコラム

企業にとってのインターンシップ 募集方法とは?進め方やメリットも

インターンシップ募集は、企業にとって大切な業務のひとつです。企業によって開始時期や方法は異なりますが、よりスムーズにインターンシップ募集を行うための方法をご紹介します。これからインターンシップ募集を行う企業は、ぜひ参考にしてみてください。

インターンシップ募集とは

インターンシップ募集とは、通学中の学生が、興味のある企業や会社で勤務したり訪問をして行う、職業体験のことです。

インターンシップ募集を行う企業はとても多く、学生にとってもインターンシップ募集に関する情報は、常にチェックするほど重要なものであると言えるでしょう。

企業にとってのインターンシップ募集のメリット

実際に、インターンシップ募集を行うメリットについて確認していきます。

優れた人材に早く出会うことができる

インターンシップ募集では、実際の入社を待たずして、学生のうちから人材に出会うことができるきっかけとなります。将来的に優秀な人材となる学生は、学生のうちから企業にとっても魅力的な存在となるでしょう。

できるだけ早くマッチしておくことで、より優れた人材を確保しやすくなるというメリットがあります。

自社アピールにつながる

インターンシップ募集には、様々な企業が名を挙げています。学生にとっては目に入りやすく、自社アピールには最適な場と言えるでしょう。

就活を行う前にインターンシップ募集をきっかけに知名度を上げておくことは、採用時に大きな効果を得やすくなります。自社のアピールを行うという目的でも、インターンシップ募集は活用できるのです。

ミスマッチを防げる

インターンシップ募集を経由して実際に就職する従業員は、通常の採用と比べ、ミスマッチを防ぎやすくなります。実際に勤務しているので、採用後のミスマッチに繋がりにくくなるでしょう。

ミスマッチは企業にとってもできるだけ避けたいので、インターンシップ募集はとても有効と言えます。

インターンシップ募集の方法

具体的に、インターンシップ募集を行う際の方法についてご紹介します。どのような順序で行えば良いのか、確認してみてください。

1.インターンシップの期間を決める

まずは、インターンシップをどのくらいの期間行うのか検討しましょう。多くの場合、1日〜1週間程度の短期間か、1ヶ月程の長期間で行われます。企業にとってどちらの方が最適なのか考慮し、期間を決めてください。

2.インターネットや大学へ募集をかける

インターンシップ募集の期間が決まれば、実際に募集をかけましょう。インターネットを通して、自社のホームページや求人サイト、インターンシップ募集専用サイトなどに掲載するのがほとんどです。

また、大学のキャリアセンターなどへ直接募集をかけるのも良いでしょう。

3.選考を行う

募集期間が終われば、選考を行っていきます。採用の方法はさまざまで、書類選考や面接など、企業に合った方法で行いましょう。時間をかけてしまいすぎると本来の業務に影響が出てしまうので、前もって採用基準を設定しておくとスムーズです。

インターンシップの種類

インターンシップには、大きく分けて「長期」と「短期」があります。長期では1ヶ月以上〜半年など、長いスパンで計画されたインターンシップになり、短期では数日〜数週間など、1ヵ月以内のインターンシップを意味することが多いようです。

長期と短期では、達成できる目標設定や依頼できる業務内容、学べる項目などが変わるため、自社にとってどちらが良いのか考えて決定してみてください。長期になるとその分予算や担当者の負担も増えるため、スケジュール管理も必要になります。

企業に合ったインターンシップ募集を実行しよう

インターンシップ募集は、企業によって方法はさまざまです。どのような期間、どのような方法で行うのが良いのか、じっくり検討してみてください。インターンシップ募集は企業にとって多くのメリットがあるので、ぜひ積極的に取り入れましょう。

事例集をまとめ読み!

採用のヒントが詰まった
「成功導入事例集」!

導入事例集ダウンロード

その他のコラム

コラム一覧に戻る
資料請求

お問い合わせ電話番号

03-3286-8550