Column

お役立ちコラム

オンライン採用時のアンマッチとは?ミスマッチとの違いと対策を解説

企業にとってのアンマッチとは、一体どんな意味を持つがご存知でしょうか。この記事では、オンライン採用時のアンマッチとミスマッチについて詳しくご紹介します。それぞれの意味や、より良い採用のためにできる対策をチェックしていきましょう。

アンマッチとミスマッチの違いを知ろう

採用シーンで「アンマッチ」「ミスマッチ」という言葉をよく耳にしますが、具体的にどんな意味かご存知でしょうか?

採用後に困らないよう、前もってアンマッチとミスマッチの違いを知っておきましょう。

オンライン採用時のミスマッチとは

アンマッチについて知る前に、まずはミスマッチについて解説します。ミスマッチとは、お互いにとってのニーズがずれて、その状態がうまく機能していないことを言います。採用シーンにおけるミスマッチとは、採用側と求職者が望むニーズが異なり、採用されたとしても業務内容がうまく進まない状態。

求職者が納得できる待遇でないのに内定承諾してしまったり、採用者が本来は採用するべきでない人材を何らかの理由で採用してしまったりすると、ミスマッチが発生しやすくなります。

オンライン採用時のアンマッチとは

ミスマッチに対して、アンマッチとは、お互いの条件が一致していない状態のことを言います。採用シーンにおけるアンマッチとは、採用者と求職者のニーズが全く一致せず、そもそも採用すらされていない状態のことです。

ミスマッチと異なりニーズが全く一致していないアンマッチは、ミスマッチより問題が多いと捉えられがちですが、改善点さえ見直せば両者の条件が一致しやすいとも言えるでしょう。

オンライン採用でアンマッチになる原因

次に、オンライン採用でアンマッチになってしまう原因について考えてみましょう。採用者と求職者の間でアンマッチが発生しているということは、ほとんどの場合下記のような原因があるはずです。

採用条件が定まっていない

アンマッチになる主な原因として、どんな人物を採用したいのか、求職者が明らかにしていない場合です。採用条件が詳しく書かれていなかったり、サイトによって条件が異なるなど、「具体的にどんな人材を求めているのか」が求職者に伝わっていないことが多いでしょう。

面接官に偏りがある

採用時の面接官が、面接によって対応が異なったり、一貫性がない場合にも、アンマッチが発生しやすくなります。同じ企業の面接にもかかわらず、面接での質問内容や確認ポイントが異なると、企業への印象が下がったり、求職者のモチベーションが下がる原因にも。面接官の一貫性は、とても大切です。

オンライン採用でアンマッチを避けるための対策

では、具体的にどんなポイントに注意すればオンライン採用時にアンマッチを避けられるのか、考えてみましょう。

1.募集要項を見直す

採用募集を行う場合、まずは募集要項を見直してみましょう。給与面や待遇面、どのような人物を採用したいのか、分かりやすく示してください。

求職者にとっても自分とマッチする企業を見つけやすく、アンマッチを根本的に防ぐことにつながります。

2.面接内容を一定化する

面接の内容が異なったり、採用の基準が異なるとアンマッチを招きやすいことから、面接の内容を一定化することも大切です。質問を統一したり、面接官はある程度絞っておくなど、面接内容に偏りがないようにしましょう。

どのような基準に基づき求職者を評価するのか、明確に示せるものがあるとより良いです。

3.分かりやすい言葉で求職者に接する

採用の際、面接官や採用担当者はどうしても専門用語を使いがちです。新卒の求職者などは特に、難しい言葉や専門用語に慣れていないことも多く、アンマッチの原因になる可能性があります。

広く知られていないような横文字や、ある程度社会人経験を積まないと理解が難しい言葉などを使っていないか、今一度振り返ってみてください。どんな人物に対しても分かりやすい言葉でコミュニケーションを取ることで、アンマッチを防ぐことに繋がります。

細かい部分まで配慮し、アンマッチを防ごう

オンライン採用でのアンマッチは、思わぬことが原因で発生してしまうことがよくあります。ちょっとした認識の違いや、経験値の差など、求職者と採用者の間で違いが出てしまわないよう、気をつけてください。

常に求職者側の目線でコミュニケーションを取ることができれば、アンマッチだけでなく、ミスマッチも防げるはずです。少しの意識でより良い採用を実現させましょう。

インタビューアセスメント

事例集をまとめ読み!

採用のヒントが詰まった
「成功導入事例集」!

導入事例集ダウンロード

その他のコラム

コラム一覧に戻る
資料請求

お問い合わせ電話番号

03-3286-8550