FAQ

応募者向け
よくある質問

HowTo

動画選考ライブ面接 動画の撮影やライブ面接を受けるときのポイントは?

ここでは、動画選考(エントリー動画)で動画を撮影するときや、ライブ面接を受けるときのポイントを解説します。

 

カメラの位置や目線

以下の点に気をつけましょう。

  • 視線とカメラの位置を合わせましょう。
  • カメラは上半身が映るように配置しましょう。
  • カメラを見て話しましょう。

 

スマートフォンやパソコンを低い位置に置くと、面接官をあなたが見下ろしているように映されてしまうため、相手にしっかりと顔がみえるように、視線とカメラの位置を合わせるとよいでしょう。

 

また、撮影や面接中は、「画面」ではなく「カメラ」を見て話すと、面接官からは目線が合っているように映ります。最初は慣れないかもしれませんが、カメラを見ながら話すことをお勧めします。

 

 

明るく静かでインターネットが接続される場所

マイクやカメラは遠くの音や背景も意外と拾います。端末によっては顔映りが暗くなることがあるので、できれば雑音のない静かな場所で、明るく片付いた個室をお勧めします。