WEB面接/動画面接で人事の働き方を変える|HARUTAKA(ハルタカ)

出谷氏が語る「地方採用のポテンシャルと攻略法とは」

NEXT HRカンファレンス 第3弾
新卒採用トレンド大公開セミナー〜就活ルール廃止後の採用戦略はこう変わる〜

2018年12月6日、WEB面接・動画面接プラットフォーム『HARUTAKA(ハルタカ)』を運営する株式会社ZENKIGEN(代表取締役 野澤比日樹)は、「『就活ルール廃止』を機に、新卒採用は大きく変わる」をテーマに、「第三回 NXET HRカンファレンス」を開催いたしました。

ZENKIGENの手がける地方学生の就活応援プロジェクト『上京しなくてもいい就活』の企業向け活動の一環でもある本イベント。ゲストスピーカー3名をお招きし、企業人事・大学・学生という3つの視点から、これからの新卒採用戦略の方向性についてお話しいただきました。

会場(大手町ビル6階 Inspired. Lab)には、新卒採用に携わられている人事の方を中心に100名ほどの方々がご来場。当日行われたセッションの様子を、レポート形式でご紹介いたします。

全国制覇の日本最大キャリアコミュニティから見た地方採用のポテンシャルと攻略法

出谷 昌裕様

出谷 昌裕様

株式会社RECCOO 代表取締役社長 エンカレッジ創設者

京都大学大学院にて有機発光材料の研究で特許取得後、NPO法人en-courage(エンカレッジ)を創立。新卒で株式会社SMSに入社。その後、株式会社FreakOutにて子会社立ち上げに従事。現在、株式会社Scovilleの代表取締役CEOを務め、グループの1社である株式会社RECCOOを通じてエンカレッジの運営支援を行っている。

エンカレッジの独自データから見える、地方学生のポテンシャル。

キャリア支援団体エンカレッジの創設者である出谷氏は、地方学生に焦点を当てた独自のデータをもとに、企業の地方採用強化の戦略について語った。

エンカレッジは、全国に70以上の大学に拠点を構え約2万5000名の学生を支援する、日本最大規模のキャリアコンサルティングNPO法人。メンターとして活躍する大学4年生(内定者)は現在881名。2019年度には1500名ほどの規模になることが見込まれている。最終的なターゲットは全国の就活生15万人程度だという。目標に向かって拡大を続けているエンカレッジ。東京ではGMARCHと言われる学歴レンジ以上の大学に支部があり、当然、地方の国立大学もほぼ網羅している。エンカレッジでは学生との一対一の面談が月に4000回ほど実施されているため、日本で最もリアルな学生の声、生の情報を持っていると言えるだろう。

なぜ企業の地方採用がトレンドとなりつつあるのかという点について、出谷氏は次のように語る。

「まず、産業構造の変化によってこれまでの単一的な仕事が減り、例えばクリエイティビティが求めるような傾向にあるという点。そしてもう一つが、景気動向の回復とベンチャーなど新しい企業の増加。つまり、人材採用競争が激化し課題を抱える企業が増えているということです。企業は地方大学というブルーオーシャンを狙い、たくさんの優秀層に会っていかなければならないという動きに徐々にシフトしつつあると言えます」

出谷氏は、現在の大学4年生(内定者)のインターンエントリー数のデータを示し、2つの特徴を挙げた。関東学生や関西学生と比較して、地方学生のインターンへのエントリー数は圧倒的に少ない。特に、10回以上エントリーを行うヘビー就活層が少なく、エントリー社数3社以下(0社も含む)の学生が大半を占めている。地方では学生からの第一想起の獲得が容易であり、また競合率も低いというポテンシャルを秘めている、と出谷氏は語る。

次に就活開始時期のデータ。3月までに動きだす層の比率は関東学生で約7%、関西学生で約10%、地方学生は9%と大きな差はない。また、6月など早期開始層は、地方が関東関西と比較して10%ほど少ない。

「少ないとはいえ、実は10%なんです。地方の就活の動き出しはすでに早まってきていて、意識や感度の高い学生の割合は地方でも大きく変わらないというのが一つのポイントです。この2つのデータから、就活の動き自体は早まっているにも関わらず企業との接点は少ないままだということが言えると思います」

とはいえ、開始していない層はやはり圧倒的に地方学生の方が多い。そのため、採用開始や母集団形成が遅れた企業にとって一つの補填策として有効に働く可能性もある、と田中氏は付け加えた。

地方学生の就活への意識は関東関西と比べてあまり変わらない。では、その地方学生たちのポテンシャルはどうなのだろうか。出谷氏は、各大学の偏差値を独自の計算で「採用に使える形」に変化させた資料を紹介した。受験教科数バイアスを除外し、さらに、早稲田で65%、慶応で58%という合格辞退率(学部重複を考慮しても旧帝國大学に流れていることが想定できる)を鑑みて偏差値を修正したものだ。結果として、早慶の平均値が岡山大学、広島大学などと大きく変わりがなく、新潟大学は早稲田下位学部やMARCHよりも高い数値になったという。

「今日は地方採用に焦点を当てたお話なので、地方大学に少しだけ下駄を履かせて計算しておりますが、地方大学の学生の能力の平均値は早慶にある程度近い可能性があります。『偏差値=努力の量』と捉えると、地方学生は安定して努力や学習ができる優秀な子が多いと言い換えることができると思います。

実際に、エンカレッジの地方支部は関東・関西と比べてマネジメントコストが割けていないにも関わらず運営実績の伸び率が高く、独立して自走できる学生が多いという。

認知形成、優秀学生の見極め、リーチ難易度の高さ。地方採用の3つの問題点と解決策。

次に、出谷氏は企業が地方採用を開始する際に直面しがちな3つの問題点について、実際の事例を交えて語った。

一つ目が「認知形成」の壁。そもそも認知を高めるためのリーチ手法がないため、個社での集客が困難という問題がある。東京では知らない学生はいない有名企業である某渋谷系メガベンチャーですら、2016年度に新潟に初上陸した際に学生たちから「どこですか、その会社?」という反応を受けたという。それくらい地方学生の認知のズレは大きい、と出谷氏は語る。
しかし、前出のメガベンチャーが新潟で毎年イベントを開催しブランド形成を行った結果、2年後の2018年には新潟大学の人気企業は「地銀か公務員か同社」とまで言われるようになったという。学年で最も優秀な学生が同社の内定者となり、そのレピュテーションが地場でブランド化した結果、と出谷氏は語る。

「これはさすがの同社といった感じですが、たった2年で地方における圧倒的なポジションを確立されたという事実がございます。まず地方で優秀な学生を獲得し認知を広げるというのが一つの解決策になるはずです。

二つ目の問題が「学生の見極め」。地方学生の選考習熟度は非常に低く、トーク内容での見極めが難しいという。

「これは実際の面談であった話ですが、魅力的な経験を持っているはずの九州大学の水泳部の部長が『カフェのアルバイトでシフトリーダーとして頑張りました』というようなエピソードを語ってしまうんです(笑)。また、最終面接で社長から『うちで頑張る自信ある?』という質問に対して『分かりません』と答えてしまう学生もいます。ビジネス慣れていないため、質問に正直に答えてしまうんですね」

これではその学生が本来持っているポテンシャルよりもリスクの高さが目について、低い評価を下してしまう可能性がある。そのため、工数はかかるが初回「面接」ではなく「面談」の実施を勧める、と出谷氏。実際に、ある企業では初回を全て「面談」に切り替えることでエピソードの深堀と整理を行い、面接や面談ごとに課題設定して育成観点も含めて見極めていくというステップを踏んだという。その企業は、地方採用の歩留まりが高く安定した成果を出している。

最後に、「リーチが困難」という点。過去に攻めておらず内定者のツテも情報もない、地理的にも遠く足を運ぶことが困難、学生を集めることができる運用可能なベンダーが少ない、というような現状がある。また、Facebookを活用する学生も少なく、周りの大人の文化圏も公務員や大手メーカ子会社が多いため、比較的リテラシーが低くウェブでのリーチも困難だという。

「リーチの問題に関しては、我々がサポートできるので是非ご活用ください。エンカレッジは47都道府県全てに展開していて、個社イベントでも各地域で数十名の学生を集められるようになってきています。まだ競合が少ないからこそコンバージョンレートも高く、内定後の他の企業の誘惑も少ないのでフォロー工数も減ります。また、学生の動き出しが少し遅いので、採用開始時期が遅くても採用できる可能性がありますし、関東関西では採用ブランドで後手でも地方では情報が少ないため巻き返しが容易です」

地方採用には多くの課題があるが、課題があるということは当然チャンスでもある、と出谷氏は強調した。

まずは、認知形成・ブランド形成のプランニングからスタートしてください。そして、自社の採用フローとコミュニケーションプランを地方向けにカスタマイズしていただいて、実際に足を運んで経年でのブランディングにつなげることで、採用実績は高まるはずです

採用に強い有名企業も地方採用に乗り出している現状がある。当然ながら東京や関西と同じようにレッドオーシャン化していくため、動き出しの早さは求められる、と出谷氏は語った。

→第4回:「上京しなくていい就活」プロジェクトのご提案 へ

その他のコラム

HARUTAKA(ハルタカ)は企業の採用力を強化するWEB面接/動画面接プラットフォームです。

さぁ、あなたの会社にも
「採用革命」を

次世代型採用ツールHARUTAKA(ハルタカ)で、
採用にかかっていた様々な課題を解決し、笑顔あふれる会社に。
採用面接を、いつでもどこでも簡単に。